FC2ブログ

夏宵



感じるのです 

夕闇のなかで 

少しずつ 少しずつ 

夏が 引いていく 

昼間はけっして そんな顔は見せないのに 

どこか奥ゆかしい 夏の後ろ姿 

草の焦げる匂いがして 

あれはゆっくりと 

時がうつろっていく知らせでしょうか 

あなたの肌は しっとりと 

終わりの夏を 閉じ込める 







Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

08230811070603270311

COM↓

011501151119111911121112

TB↓

ALL Adm