FC2ブログ

添う色



こんなにも愛されて いいのでしょうか 

どうしてわたし と想うのです 

けれどもう 理由を超えて 

あなたは わたしを いとおしむ 

魂の底から わたしを求める 

好きで 好きで ならないひと 

命の源で呼びあうの 

めぐり逢ってしまったのです 

この世の果てまで 

愛さずにいられない 

風のなかの 

二輪の秋桜 








Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

08230811070603270311

COM↓

011501151119111911121112

TB↓

ALL Adm