FC2ブログ

寂しい風



こつこつと積み上げてきたものが 

自分以外の手によって 一気に崩れ去る 

うしなった信用は 取り戻すことができない 

それでもまた こつこつと積み上げていくしかない 

胸に寂しい風が吹く 

このわたしが 

心から笑ったり 幸せだと思ったり 

そんなことはないのだと 

背中に刻みつけられた十字架は 消えることがないのだと 

身体の芯まで ずしんとくるほどに悟った日 

小さな窓から世界を見上げて 

ほんの少し 

薄日を感じられたら 

それでいい 







Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

Compact Menu Box

«  | HOME |  »

TOP

MENU

NEW↓

08230811070603270311

COM↓

011501151119111911121112

TB↓

ALL Adm